HOME > 一般診療のご案内

診療のご案内
やまもと皮膚科漢方クリニック やまもと皮膚科漢方クリニック
〒670-0927
姫路市駅前町271番地
姫路駅前メディカルガーデン3階
079-283-1112
JR姫路駅より徒歩3分
山陽姫路駅より徒歩約3分

一般診療(皮膚科・小児皮膚科・皮膚外科)のご案内

皮膚科・小児皮膚科・皮膚外科 皮膚科・小児皮膚科・皮膚外科では、小さなお子様からご高齢の方まで、保険診療を中心としたさまざまな皮膚の疾患に対応いたします。
湿疹やかぶれ、じんましん、アトピー性皮膚炎、にきび、円形脱毛症、うおのめ、イボ、水虫など、皮膚に関するトラブルは何でもご相談下さい。
肌のことで困ったことや悩んでいることがある方は、お気軽に当院へご相談下さい。



皮膚科で扱う主な疾患



アレルギーパッチテスト

当クリニックでは、かぶれ(アレルギー性接触皮膚炎)において、その原因を特定するためにアレルギーパッチテストを行います。
患者様が普段使用している衣類や洗剤などを、パッチテストに適した濃度に調整して、専用絆創膏に塗って皮膚に貼り付けます。



超音波エコー

従来では採らなければわからなかった盛り上がった病変や、奥に深い病変の診断に大変有効です。 皮膚の中の状態を前もって検査することにより、腫瘍の広がり具合や深さを測定し、手術方法を決定したり、手術後の経過を観察していきます。
視診、触診よりも内部の状態が詳しく分かり、MRIなど他の画像検査よりも精細に検査できます。

超音波画像診断装置 SONIMAGE HS1

「みえる」にこだわり、独自のプローブ技術と独自の画像処理技術を融合させることにより、高周波領域のコントラスト分解能、空間分解能の高い鮮明な画質を提供致します。

中波紫外線治療(ナローバンドUVB療法)

従来の薬物療法(飲み薬や塗り薬)で効果不十分で広範囲にわたる乾癬、アトピー性皮膚炎、尋常性白斑などに有効な治療です。
紫外線治療は太陽光に含まれるUVA、UVB、UVC の各波長の紫外線のうち、 皮膚治療に有効性が確認された中波紫外線の領域に含まれる非常に幅の狭い波長域(311±2nm)を持った紫外線(ナローバンドUVB)を照射して皮膚治療する方法です。

紫外線治療器
(エキシプレックス308)

308エキシマシステムと同じターゲット型光線療法です。
従来の308エキシマシステムに加え最新のエキシマライト治療器『エキシプレックス308」の導入によって更に照射率が高まり照射時間が短縮され患者さまの負担軽減されます。

治療部位により従来のエキシマ308と並行して治療していきます。


紫外線治療器
(ダブリン7シリーズ)

ナローバンドUVB療法の半身型紫外線治療器です。全身の広範囲への照射が可能です。
ナローバンドUVBランプ10本を搭載しており、立位のまま半身ずつ紫外線治療を受けられます。
扇状に開くことで均ーかつ短時間に紫外線を当てることができます。

中波紫外線治療(ナローバンドUVB療法)の効果

ナローバンドUVB療法によって、下記のようなことが期待されます。

1)照射をして改善が見られた場合に、再発するまでの期間が長くなる。
2)外用する薬の量が少なくて済むようになる。
3)比較的早期から「痒み」が減ってくる。

イオントフォレーシス療法(多汗症の治療)

イオントフォレーシス療法とは、多汗症の部位を水に浸し微弱電流を流すことで、汗孔(かんこう)がつぶれ汗の発生を抑えます。
治療は、水を入れた専用の機器に手や足などを浸し、15分間程弱い電流を流して行います。

治療ができるのは、手のひらと足の裏です。週1回程度の通院治療をしていただきます。 汗が出なくなったら、2,3週間に1回程度の通院治療を継続していただきます。

漢方皮膚科

漢方皮膚科 漢方皮膚科では、皮膚だけでなく、からだ全体を考えて治療いたします。
漢方薬を使用することで、皮疹以外の症状が軽快することはよくあります。
例えば、手湿疹が治ったら、便秘が解消した。”にきび”がよくなったら、月経痛が改善した。
”しもやけ”が軽快したら”床ずれ”が治った。慢性蕁麻疹の治療をしたら、疲れにくくなり、蕁麻疹もでなくなった。
その他、皮疹の改善とともに、冷え症が改善した、全身倦怠感がなくなった・・・など枚挙にいとまがありません。

漢方薬はこのような場合に特に有用と考えます。
①通常治療薬が副作用などで使えない場合
②ステロイド外用を極力避けたい場合
③通常治療でも難治な場合

①通常治療薬が副作用などで使えない場合
例)にきび
”にきび”の通常治療薬はアダパレンや過酸化ベンゾイルですが、アレルギーのため、外用部位が真っ赤になったり、ピーリング(皮膚を削る)作用があるため、ヒリヒリして使用できない場合があります。
また、抗菌薬外用は耐性菌の問題があり、継続して使用すると効果がでなくなる可能性があります。さらに、抗菌薬の内服では全身的な副作用の可能性があります。
このような場合でも漢方薬を併用することで、”にきび”がよくなります。また、”にきび”だけでなく、便秘が解消したり、月経痛が軽減したり、冷え症がよくなったり、からだ全体の調子がよくなる場合がよくあります。

②ステロイド外用を極力避けたい場合
例)アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎の標準治療はステロイド外用薬ですが、様々な副作用のため、敬遠されることが多いです。
当院では、ステロイド外用薬の適切な外用指導を行なっておりますが、外用量を減らしたい方や外用したくないという方には漢方薬を併用することをオススメしております。
漢方薬は皮膚の炎症を抑える作用や保湿効果、精神的なリラックス効果などがありますので、外用量を減らすことは可能です。
また、外用しない方法での治療にはできる限りご要望にお応えいたしますが、皮疹の増悪に伴い、敗血症などのリスクがある場合は例外です。

③通常治療でも難治な場合
例)円形脱毛症
円形脱毛症は通常治療で治ることがほとんどですが、全頭型や汎発型、蛇行型といった難治な例も散見されます。
そういった場合に漢方治療を併用すると効果がでることがあります。

以上のような場合に漢方薬を併用することは非常に有用と考えます。
処方にあたっては、さまざまな問診をはじめ、舌、脈、腹などの診察があり、患者様の体質に合った漢方薬をお出しします。
漢方薬をご希望の方は、初診時にその旨をお伝えください。